一山不動産事業

既存住宅にこだわる会社
註文住宅 一山/一山不動産事業

日々の出来事や不動産について随時更新します

ブログ

こおりやま空家バンク

こおりやま空家バンクのセミナーに参加してきました。
郡山市の住宅数は、世帯数よりも多く、空家数が1854棟になっている現状でした。
この数は、全国と同じように推移していました。

海外での住宅流通は既存住宅(中古住宅)が7~8割に、新築住宅の流通は2~3割にしかすぎず、
再利用して、価値を高めて再販するのに対して、日本での既存住宅流通は1割程度です。

木造住宅では、築25年で資産価値が無く、解体、更地にして販売する方が多いようです。
でも、適格に調査・判断し不具合な箇所を直し再利用できる家屋は多いと思います。

SDGs国際社会共通の目標・住み続けられるまちづくり・つくる責任・つかう責任、地球温暖化対策にも、既存住宅の再利用が求められていると思いました。
セミナーを開催して頂いた、NPO法人こおりやま空家バンク佐藤理事長様はじめ皆様、ありがとうございました。